2016.04.22

デッキ事故の確率について

ゲーム開始時に、先手では2枚、後手では3枚のユニットを手札に引くことができますが、このときに1枚も場に出すことができない(1stが1枚も出ない)確率はどのくらいでしょうか。

デッキのシャッフルがランダムだと仮定すると、以下のような計算式で求めることができます。

先手で1stが1枚も出ない確率
単色デッキに、1stを12枚、残り12枚を2ndと3rdにした場合:
(12/24×11/23)×100=23.91%
単色デッキに、1stを16枚、残り8枚を2ndと3rdにした場合:
(8/24×7/23)×100=10.14%

後手の確率は、先手の攻撃状態により変わりますが、仮に2ndまで召喚されて、1stが1枚、2ndまたは3rdが1枚破壊された場合、

後手で1stが1枚も出ない確率
単色デッキに、1stを12枚、残り12枚を2ndと3rdにした場合:
(11/22×10/21×9/20)×100=10.71%
単色デッキに、1stを16枚、残り8枚を2ndと3rdにした場合:
(7/22×6/21×5/20)×100=2.27%

と計算されます。

後手のほうが事故の確率は少ないですが、ユニットの枚数が2枚減っているため、事故率が低い=有利、という単純なものではないと思います。

注目すべきは、「それなりに事故るものである」ことです。
見ていると、CPUも時々パスを連発してかわいそうな状態になっていますね。

1stの配分を増やせば、初手における事故は減りますが、場に出せる同属性、同じ魔力石数のユニットは1枚までなので、2nd以降を召喚し辛くなりますし、何より攻撃力が落ちるため、決定力に欠けたデッキになってしまいます。

このため、基本、「デッキは事故るもの」という認識の上で遊んだほうが、より楽しめるのではないかな、と思います。

2016.04.21

パスを行う3つの方法

パスを行うには、

  1. 画面左端、中央の「MENU」を開いて「パス」ボタンを押す
  2. 墓地をタッチして、ダイアログ内の「パス」ボタンを押す
  3. 墓地を下にフリックする

の3つの方法があります。

下フリックは最近ゲーム画面内で表示されるようになりましたね。

これが一番便利だと思いますが、Android端末で、左下にソフトウェアキーがある場合、勢い余ってタッチしてしまい、特に対戦中に通信が切れてしまい負けになることがあるので注意です。

対戦中は、1か2の方法のほうが安全かも知れませんね。

負けてもトレードの連勝数はクリアされない

対戦して連勝すると、連勝数に応じてトレードができるようになります。
トレードは、

  • 曜日によってトレード内容が異なる
  • トレードを行うと連勝数がクリアされる

のですが、負けてもトレードを行うための連勝数がクリアされないことは案外知られていない気がします。

例えば、

  • 対戦で4連勝する
  • 5連勝を狙うが負けてしまう

場合、トレード画面では、4連勝までのトレードが行えます。
0勝なのでトレードができない…というふうにはなりません。

多分、ヘルプとかにも書いてないと思うのですが…、そういう動作のようです。